激甘審査のサラ金会社一覧

金融会社の審査基準

お金を借りるためには、金融会社の借り入れ審査に合格しなければ借りれません。何故借り入れ審査があるのかと言いますと、貸したお金が返ってこないと大変な損害を被るので、そのような焦げ付きが無いように、きちんと返済能力がある人へお金を貸そうと考えているのです。

したがって、返済能力のない無職や専業主婦などは、審査対象から外れますので、お金を借りることは出来ません。毎月決まった額の収入がある人がキャッシングローンの対象とされているのです。

消費者金融一覧

審査基準は金融会社の規模によって異なります。大手大資本の金融業者ほど審査基準は厳しく設定されており、資本が小さくなってくるほど審査は甘めになってきます。逆に金利は大手ほど低くなりますが、中小規模より小さくなってくると金利は高くなってきます。

中小中堅以下の消費者金融で借りる場合は、上限金利一杯(18.0%)になると予め把握しておきましょう。それ以上の金利は法律で厳守されていますので、一円も支払う必要はありません。

総量規制施行後

2010年に総量規制が施行されて以降、新規の借り入れで様々な規制が敷かれました。一番大きな影響を及ぼしたのが、年収の三分の一以上の借り入れが出来なくなったことです。

この規制によって、毎月の支払いの足りない分を新規の借り入れで凌いでいた人は、そういった自転車操業的な借り入れが不可能となりました。

また、専業主婦なども夫に内緒でキャッシング出来なくなったことは、女性同士の付き合いにも影響を及ぼしたことでしょう。

0

こういった規制は、一見多重債務者の抑制したと考えられがちですが、実際は多重債務者は一向に減っておらず、逆に総量規制対象外の違法金融業者へ走っているのが現実です。なんのことはない、違法業者を儲けさせているだけの規制といっても過言ではないでしょう。